トピックス(2021~2023)


Warning: Undefined array key "file" in /home/r0199567/public_html/webafghan.jp/wp-includes/media.php on line 1723

2023年7月5日より新サイトに移行しました。

https://webafghan.jp/  ⇐ここをクリック

 

《アフガニスタンをめぐるニュース・情報・論説》

 

●2023年6月20日 <カーマプレス>
カーマプレス「アフガニスタン女性」専用コラムを開始

(WAJ:  アフガニスタンのジャーナリストは闘い続けている。本『ウエッブ・アフガン』が以前からレスペクトし、シェアしているジャーナルのひとつ、『カーマプレス・ニュースエージェンシー』が女性問題専門サイトを立ち上げた。このサイトも、毎日閲覧するサイトにひとつに加えましょう。

私たちは、アフガニスタンの女性​​と少女の状況だけに焦点を当てた専用のウェブページをウェブサイト上に開設したことを発表できることを大変うれしく思います。私たちの目標は、アフガニスタンの女性​​が直面する課題と勝利について力を与え、情報を提供し、認識を高めることです。

カーマプレスは、アフガニスタンの女性​​と少女を支援し、自由社会の理念を促進することに引き続き深く取り組んでいます。私たちは声なき人々の代弁者であると信じており、アフガニスタンの女性​​たちのストーリーを前面に押し出すことで、彼女たちの生活にプラスの影響を与えるよう努めています。

この新しいウェブページは、アフガニスタンの女性​​の生活に関連した最新のニュース、記事、出来事に注目を集めるプラットフォームとして機能します。アフガニスタン女性の立ち直り、強さ、功績に焦点を当てる記事、インタビュー、マルチメディアコンテンツを特集するとともに、彼女たちが耐え続けている困難にも焦点を当てます。

私たちは、彼らの声を広め、彼らの経験に光を当てることで、前向きな変化に貢献し、すべての人にとってより公正で公平な社会を促進できると強く信じています。このウェブページをできるだけ包括的で包括的なものにするために、アフガニスタンの女性​​の生活に影響を与える可能性のある、アフガニスタンの女性​​に関するニュース、記事、最新情報を投稿していただくようお願いします。あなたのストーリー、懸念事項、ニュースや洞察を専用の電子メール アドレス: afghanwomenvoices@khaama.comまで共有してください。

協力してこれらの重要な話を共有することで、私たちはアフガニスタンの女性​​に力を与え、すべての人にとってより明るい未来を築くことができます。サポーターの皆様に感謝し、この重要なトピックに関して最も関連性があり、影響力のあるコンテンツをお届けできることを楽しみにしています。・・・
【原文(英語)を読む】

●2023年6月19日 <カーマプレス>
ターリバーンの女性、少女に対する扱いは「ジェンダー・アパルトヘイト」の可能性:国連専門家

(WAJ:  国連は、 「人種に関するアパルトヘイトの定義をアフガニスタンの状況に適用し、人種の代わりに性別を使用する場合、そのことを示す強力な兆候がある」とまわりくどい表現をとっているが、ターリバーンの女性に対する扱いは、パシュトゥーン族の固陋な因習として残存している「父権社会による女性所有制」ともいうべきものと、IS=イスラム国などの「女性奴隷制」などの唾棄すべきイデオロギーが混在しアマルガム化したかれらの「法」である。単なる「差別」ではない。そのことは、アフガニスタンの女性たちの証言や叫び、多くの研究者によるパシュトゥーン族社会のフィールドワークやISがシリアなどでおこなった「女性奴隷制」の実施などによって明らかである。

国連の専門家は月曜日(6月19日)、同国の事実上の当局が彼女たちの権利をどれほど厳しく侵害し続けているかを考えると、アフガニスタンの女性​​と少女に対するターリバーンの扱いはジェンダーアパルトヘイトに相当する可能性があると述べた。

フォルカー・テュルク国連人権高等弁務官も、理事会の夏季会期の初日に同様の懸念を表明し、事実上の当局が「特に女性と女児に対する人権の最も基本的な原則を解体した」と付け加えた。

アフガニスタンの人権状況に関する国連特別報告者リチャード氏は、「女性と少女に対する重大かつ組織的かつ制度化された差別はターリバーンのイデオロギーと支配の中心であり、それが彼らにジェンダーアパルトヘイトの責任があるのではないかという懸念も引き起こしている」と述べた。ロイター通信によると、ベネット氏はジュネーブの人権理事会でこう語った。

国連は ジェンダーアパルトヘイトを 「性別または性別を理由とした個人に対する経済的および社会的性差別」と定義しています。

ベネット氏は理事会の傍らで記者団に対し、「われわれはジェンダーアパルトヘイトをさらに検討する必要性を指摘してきた。ジェンダーアパルトヘイトは現在は国際犯罪ではないが、そうなる可能性がある」と述べた。

「現時点では人種に関するものであるアパルトヘイトの定義をアフガニスタンの状況に適用し、人種の代わりに性別を使用する場合、そのことを示す強力な兆候がある。」・・・
【原文(英語)を読む】

 

●2023年6月18日 <ハシュテ・スブ・デイリー>
ナンガルハール州で5人目のポリオ陽性者が発生、撲滅活動への懸念が高まる

(WAJ:  世界のほとんどの国で撲滅されたポリオはアフガニスタンではいまも症例がつづいている。過去5年間で90例を数える。今年もナンガルハール州で4件の症例が発見された。医療が満足に提供されずポリオワクチンの接種が適切に行われていないアフガニスタンでは症例の増加が不安視されている。アフガニスタンと同じくポリオに悩まされているパキスタンに対し、ビル・ゲイツ氏は両国でのポリオ撲滅運動に協力すると声明を出し、ターリバーンと会談する用意がある、と述べているそうだ。)

国内でのポリオ陽性症例の登録が続いており、現在、ナンガルハール州でこの病気の5例目が記録された。
ナンガルハール州のポリオ撲滅キャンペーン責任者ネック・モハマド博士は、6月18日日曜日、ナンガルハール州のドゥルババ地区で新たなポリオ陽性患者が登録され、子供が罹患したと発表した。
モハマド医師は、この子供の年齢やポリオ感染の状況については詳細を明らかにしなかったが、精密検査の結果、子供がこの病気の検査で陽性反応が出たことを確認した。
今年6月2日、ナンガルハール州ベスフッド地区サルチャ・アリ・カーン村でも4人目のポリオ陽性患者が登録されたことは注目に値する。
今年のアフガニスタンにおけるポリオ根絶の機会について、さまざまな活動的な保健団体が以前から楽観的な見方を示していたにもかかわらず、この病気の新規症例の登録により、進行中のポリオとの闘いの進捗について懸念が生じている。・・・
【原文(英語)を読む】

 

 

●2023年6月15日 <ハシュテ・スブ・デイリー>
TTP戦闘員がタハール州にひそかに移動、隠された狙いに懸念、高まる

(WAJ:  日本ではほとんど報じられていないが、ターリバーンはパシュトゥーン人を非パシュトゥーン人居住地区に入植させている。非パシュトゥーン人への苛烈な弾圧は、彼らを難民化しその土地財産を奪う意図が隠されている。アフガン人が民族浄化がなされていると批判する根拠がここにある。さらにパシュトゥーンは、パキスタンのターリバーンであるTTP戦闘員にたいしてアフガニスタン内に案順の地を与えている。この措置はパキスタン政府との密約に基づいている。「アフガンの声」のファテー・サミ氏の論文「予断を許さぬアフガン情勢」に詳しい。ぜひお読みください。)

タハール州の地元情報筋は、約300人のパキスタン・タリバン(テフリク・タリバン・パキスタン、略称TTP)戦闘員がターリバーンによって同州に移住させられたと報告している。
6月15日(木曜日)の情報筋によると、軽火器と重火器を装備したこれらの武装戦闘員は当初、6月7日からカジャガル地区のコクチャ橋近く、カンダックとして知られる場所に駐屯していた。(タリバン高官の話)
さらに
情報筋によると、これらの戦闘員は3日前にタリバンによってタカール州ダシュテ・カラ地区のパンガナイ村に移送され、再配置されたという。
さらに、情報筋は、この行動がパキスタン・ターリバーンのアフガニスタン北部への移送に関するタリバンとパキスタン間の合意後に行われたことを示している。
これら300人の戦闘員の家族もタハール州に移送される予定であるとも述べられている。
報道によると、先週、ターリバーン内務大臣代理シラジュディン・ハッカニ氏がタハール州を訪れ、ターリバーン司令官や影響力のあるパシュトゥーン人の指導者らと秘密会談を行った。
最近、ターリバーンのスポークスマンであるザビフラ・ムジャヒドは、ターリバーンとパキスタン政府との間の合意に基づいて、TTPメンバーがアフガニスタン、特に北部および北東部地域に移転されていることを認めた。
ターリバーンによるこの決定は、反ターリバーンの軍事派閥や政治派閥だけでなく、国民の間でも懸念を引き起こしている。・・・
【原文(英語)を読む】

 

6月14日から6月23日まで
 ■Hasht-e-Subh(ハシュテ・スブ)にみるアフガンの10日間 

(WAJ)  アフガニスタンの独立系日刊オンラインニュースの10日間の見出しをピックアップ。Hashut e Subhの8am.afドメインはターリバーンによってブロックされています。英文ページへは https://8am.media/eng/ でアクセスできます。

<6月14日>
●サマンガン州の悲劇的事件:炭鉱のガス漏れで鉱山労働者2名が落命、他35名が中毒死

<6月15日>
● ターリバーン、パンジシール州で元政府特殊部隊隊員を拘束
● パキスタン・ターリバーン(テフリク・ターリバーン・パキスタン、略称TTP)戦闘員がタハル州に密かに移動、隠された狙いへの懸念高まる
● 悲劇的な発見:ガズニ州で首を吊った子供の遺体みつかる

<6月16日>
● ガズニ州でティーンエイジャーの謎の死
● バーミヤン州で悲劇的な交通事故、3人死亡、5人負傷

<6月17日>
● バードギース州の自宅内で男性が射殺される
● ヘラート州の商業センターで火災発生
● 勇気を出して発言した男性をターリバーンが射殺:批判には致命的な代償が伴う

<6月18日>
● ナンガルハール州で5人目のポリオ陽性者が発生、撲滅活動への懸念が高まる
● タハル州とクンドゥズ州で死亡交通事故、5人の命を奪う:無謀運転の流行が増加

<6月19日>
● アフガニスタンの女性​​デモ参加者が国際社会に呼びかけ:短期的な利益のためのテロリストグループ支援をやめよ
● 物議を醸すターリバーンの命令:バイク事故被害者、ガズニの保健センターでの治療を拒否

<6月20日>
● 正体不明の武装集団による残忍な襲撃:ヤウジャン県で生後40日の乳児が死亡、母親が負傷
● ターリバーン、カーブルで元GIZ職員を惨殺
● ターリバーン、 ジャーナリストのレザー・シャヒル氏を解放:投獄と拷問から2日後に逃れる
● カーピーサー州で過去24時間以内に10代の若者2人が自殺
● タハール州カジャ・バハウディンで遊牧民の侵入者との緊迫した戦闘に地元住民が参加

<6月21日>
● サーレポル州で正体不明の武装集団が男性を射殺
● 悲惨な自殺事件:アフガニスタンの10代の若者、絶望が高まる中ファラーのビルから飛び降りる
● 元軍事検察官がパルヴァーン州でターリバーンに拘束され、継続的な権利侵害への懸念が高まる
● バードギース州で10代の少年が自殺、また10代の少年が死亡

<6月22日>
● サーレポル州でターリバーン戦闘員が高齢の部族指導者を窒息させ殺害
● ガズニ県で凄惨な殺人事件:手足の骨折と刺し傷を負った男性が遺体となって発見される
● ターリバーンの残忍な行為:パクティカ州での公開鞭打ち
● パンジシール州で元政府軍兵士3名、逮捕される
● ヘルマンド州で元兵士がターリバーン戦闘員2人を殺害、3人に負傷
● バグラム地区の若者、ひげを剃ったり剃ったりしたことで屈辱と殴打を受ける

<6月23日>
● ゴール州で少女2人に性的暴行未遂、ターリバーン戦闘員2人が地元民に逮捕

======================================