トピックス

《アフガニスタンをめぐるニュース・情報・論説》

20240224a

●2024年2月24日 <Bloomberg>
ブリンケン米国務長官、イスラエルの入植活動は「国際法違反」
(WAJ: 国際「法」といっても、それに違反したからと言って罰するものはいない。本来国連安保理事会がその役割を負うべきであるが、米ソ冷戦以来その機能を果たせていない。国家紛争を抑止ないし懲罰すべき「国連軍」が公平性を持たないためだ。現実的なものは戦争を抑止し平和をもとめる世界人民の声以外にない。今回のアメリカの方向転換の兆しは、ネタニヤフ政権のあまりもの非人道性、残虐性、ジェノサイド政策への国際的な批判である。

ブリンケン米国務長官は23日、イスラエルによる入植活動は「国際法に違反」との認識を示した。入植活動を容認する姿勢を示していたトランプ政権時代の方針を覆すとともに、イスラエルのネタニヤフ首相に対する圧力を強めた。
ブリンケン長官はアルゼンチンのブエノスアイレスで行われた記者会見で「米政権は入植地拡大に断固として反対している」と説明。「イスラエルの安全保障を弱めるだけで、強化するものではないというのがわれわれの判断だ」と述べた。その上で、新たな入植活動は「国際法に違反している」と続けた。
ブリンケン長官の発言は、入植活動がジュネーブ条約に違反しているとした国務省の法律顧問による1978年の判断に立ち返ったもの。トランプ政権時代の2019年には、当時のポンペオ国務長官が平和の推進に寄与していないとして、1978年の決定を放棄する方針を示していた。
バイデン大統領は、イスラム組織ハマスによる昨年10月のイスラエル急襲以降、イスラエルの軍事作戦によりガザ地区で民間人の死者が増え続けていることに懸念を強めている。今回の発言は、バイデン氏がネタニヤフ氏とさらに距離を置くことを意味する。バイデン大統領はまた、ヨルダン川西岸における入植者の暴力を抑制しようと取り組んでいる。
原文(英語)を読む

20240224

●2024年2月24日 <KHAAMA PRESS>
IEA(ターリバーン当局)、パキスタンとの国境紛争を激化、激しい反撃でデュランド・ラインの正当性を否定
(WAJ: イスラエル・パレスチナ問題の根源が、パレスチナの地にイスラエルという国家の導入が英米独ソなどにより人為的になされたことにあるように、アフガニスタンとパキスタンとの間の国境紛争もイギリスの植民地支配にその根源がある。負の遺産を押し付けられた人々の苦しみを理解しつつ未来志向の解決ができるよう「国際社会」は見守り、協力すべきだろう。」)

アフガニスタンの事実上の当局を担当するシャー・モハマド・アッバス・スタニクザイ外務副大臣は、論争の多いデュランド・ラインをめぐる長年の議論を再燃させる鋭い反論の中で、歴史的な境界線に対するパキスタンの主張を断固として却下した。TOLOnewsのインタビューに応じたスタニクザイ副大臣は、英国植民地時代の遺産であるデュランド・ラインはアフガニスタン政府にとって正当性を持たないと強調した。

スタニクザイ副大臣の発言は、両国間の外交摩擦の焦点となっているデュランド・ラインに関するパキスタン当局者の主張に対する直接的な反応として出された。同副大臣は、「デュランド・ラインは架空の線であり、この点に関してパキスタンと我々の間には何の問題もない」と述べ、紛争の起源が植民地時代にあったことを強調した。同氏は、デュランド・ラインを引く合意は英国とアミール・アブドゥル・ラーマン・カーンの間でなされたもので、当時パキスタンという国は存在していなかったため、現在のパキスタンには関与していないことを指摘し、パキスタンの立場に反論した。

外務副大臣はさらに歴史的背景を強調し、「デュランの想像上の線が引かれた時にはパキスタンは存在しなかった。50年後、パキスタンが建国された。パキスタンはデュランドラインよりも若い。」この視点は、現在の地政学的な物語に疑問を投げかけるだけでなく、植民地時代の過去を掘り下げ、国境紛争の基礎そのものに疑問を投げかける。

ファヒム・チャカリのような政治アナリストによると、デュランド・ラインを巡る議論には国際的な介入が必要だという。チャカリは、ラインの両側の人々の意志を真に反映する決議を促進するために国連が介入すべきだと提案している。国境問題解決への民主的アプローチを求めるこの声は、植民地支配から引き継がれた領土紛争をめぐる複雑さを浮き彫りにしている。

アフガニスタンの立場は、TOLOnewsとの特別インタビューで、デュランド・ラインはアフガニスタンとパキスタンの間の「国際的に認められた国境」であると主張したパキスタン暫定政府のアンワル・ウル=ハク・カカール首相の態度とは著しく対照的である。パキスタンの最高官庁によるこの主張は、この路線の正当性を主張するだけでなく、進行中の紛争の中でその地位を強固にしようとする試みも表している。

全長2400キロメートルを超えるデュランド・ラインは、パシュトゥーン民族の領土を分断し、伝統的な遊牧ルートを分断し、1893年の創設以来物議を醸してきた。この境界線をめぐる意見の相違が緊張を高め、外交上の衝突の繰り返しにつながり、アフガニスタンとパキスタンの関係を複雑化させている。

アフガニスタンの事実上の当局者がパキスタンの主張に再び異議を唱える中、デュランド・ラインは植民地押し付けの象徴であり、南アジアの地政学を悩ませ続ける未解決の問題を思い出させるものであり続けている。国際社会の役割、特に国連のような組織の役割は、平和的で相互に受け入れられる解決に向けて舵を切る上で重要であることが判明する可能性がある。

この最新の交流は、現代国家関係の形成における植民地国境の永続的な遺産に光を当てるだけでなく、分断された過去の残存物に対処する上での対話、理解、国際協力の重要性も強調するものである。カーブルとイスラマバードがこの激動の海を航行する中、この地政学的な対立の最前線には歴史的遺恨と国家の誇りがあり、前途は依然として不透明である。
原文(英語)を読む

20240220b

●2024年2月20日 <中東かわら版>
国連主催会合がターリバーン不在で終幕
(WAJ: 国連主催の第2回ドーハ会議の意図は? ターリバーンはなぜ出席を拒否したのか。中東調査会はターリバーンは「国際社会」より中、ロ、イランなどを選んでいる、と分析しているが、ターリバーンの現状とアフガン国民の意向などより深い分析は舞台裏事情と裏でうごめく意図を解説した、「アフガンの声」のファテー・サミ論文「アフガニスタンの複雑な現実:ドーハ会議の失敗と民族自決の排除」に詳しい。)

2024年2月18~19日、カタルの首都ドーハで、国連のグテーレス事務総長主催の国際会合が開催された。今次会合は昨年5月に行われた同フォーマット会合の2回目に当たり、関係諸国のアフガニスタン担当特使級が参加した。グテーレス事務総長は記者会見で、…
つづきを読む

20240220

●2024年2月20日 <infoseek.co.jp>
国連主催のアフガン会議、タリバン欠席のまま閉幕 特使任命へ
(WAJ: 。アフガニスタンからの米軍をはじめとする外国軍の撤退を合意した2020年の第1回ドーハ会議に続く、今回は国連主催の第2ドーハ会議とはどういう意図のもと開催されたのか。そしてターリバーンはどのような意図に基づき、いかなる主張を行い、出席を拒否したのか。この記事の舞台裏事情と裏でうごめく意図の解説は、「アフガンの声」のファテー・サミ論文をご参照ください。(2.月25日アップ予定)

写真: イスラム主義組織タリバンが政権を握るアフガニスタンへの対応を協議する国連主催の会議は、タリバン暫定政権が出席することなく19日に閉幕した。写真は国連のグテーレス事務局長。2月8日、米ニューヨークの国連本部で撮影(2024年 ロイター/Mike Segar)

会議はカタールの首都ドーハで2日間の日程で開かれた。
国連のグテレス事務総長は閉幕後の記者会見で、アフガニスタンの唯一の公式代表として出席することをタリバンが要求したが、国連が拒否したため会議に出席しなかったと説明した。
そうした条件はタリバンをアフガニスタンの公式政府と認めるようなもので、受け入れられないと述べた。
アフガニスタン外務省は会議前に発表した声明で、国際社会のアプローチは「一方的な押しつけで、非難や圧力だ」と批判した。
グテレス氏は、タリバン政権と国際社会との関わりを調整する国連特使を任命する手続きに着手すると述べた。
特使はタリバンとより効果的に協力する方法を探るとし、関係改善が今後のタリバンの会議参加につながることを期待すると語った。
原文(日本語)を読む

20240219

●2024年2月19日 <JIJI.COM>
ナワリヌイ氏遺体にあざ 死亡時刻、証言と不一致―ロシア紙
(WAJ: ロシア刑務所当局は16日、近年のロシアで最も著名な野党指導者だったアレクセイ・ナワリヌイ氏(47)が、収監されていた北極圏の刑務所で死亡したと発表した。ナワリヌイ氏の広報担当キラ・ヤルミシュ氏は17日、死亡を確認したと発表した。その後、駆け付けた遺族に遺体は渡されず当局は捜査が終わるまで遺族には引き離せないという。18日現在遺体の行方は不明だが、いくつかの情報が洩れ伝えられている。下記はそのひとつ。2月20日現在、ロシア当局は痛い検査のため2週間、遺族に遺体は渡さないと言明。ナンセンス。)

<写真:ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏が死亡した刑務所=18日、極北ヤマロ・ネネツ自治管区ハルプ(EPA時事)>

獄死したロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏に関し、独立系紙ノーバヤ・ガゼータの関連メディアは18日、収監先の刑務所があった極北ヤマロ・ネネツ自治管区の救急医療関係者の話として、遺体から複数のあざが見つかったと伝えた。死亡したのが当局発表の「16日午後」よりも前だったという証言もあり、死因を巡って疑念が深まっている。

ナワリヌイ氏追悼、拘束400人超 「抗議」異例の広がり―ロシア

遺体は刑務所から移送され、中心都市サレハルドの病院に安置されているという。現地を訪問した母リュドミラさんは死亡通知を渡されたのみで、遺体の引き渡しを受けられていない。
救急医療関係者によると、あざの一つは胸にあった。「心臓マッサージを行うと現れる」とされ、蘇生を試みたとする当局発表を裏付けるが、心臓が停止した経緯は分からないという。
ノーバヤ紙編集長としてノーベル平和賞を受賞したドミトリー・ムラトフ氏は、過酷な環境で「ナワリヌイ氏は3年間にわたり拷問を受けた」と非難していた。
一方、同メディアが刑務所の受刑者を取材したところでは、発表された死亡日前日の15日夜に「不可解な騒動」が発生。刑務所内の警備が強化された上で、複数の車両が入ってくる音が聞こえた。一夜明けても中は物々しく、ナワリヌイ氏の死亡情報は「16日午前」に広まっていたという。
原文(日本語)を読む

20240224h

2月14日から2月24日まで
 ■Hasht-e-Subh(ハシュテ・スブ)にみるアフガンの11日間 

(WAJ)  アフガニスタンの独立系日刊オンラインニュースの11日間の見出しをピックアップ。Hashut e Subhの8am.afドメインはターリバーンによってブロックされています。英文ページへは https://8am.media/eng/ でアクセスできます。

<2月14日>
● ターリバーンの残虐行為:バーミヤン県で少女を含む13人が公開鞭打ち
● アフガニスタンの若者が貧困から脱出、ブルガリア海域で悲劇的な運命に遭遇

<2月16日>
● パルワン県で起きた謎の若者殺害事件

<2月18日>
● 殺人事件の謎が明らかになる:ファリヤーブ州で男性が殺害され発見される

<2月19日>
● ヌーリスタン州を悲劇が襲う:土砂崩れで10人の命が失われ、25軒の家が破壊

<2月21日>
● 非戦闘員による連続殺人事件が続く:カーブルのマイダン・ワルダック県住民ターリバーン銃撃事件
● ヘラート州で私立学校校長射殺

<2月22日>
● ガズニー州ターリバーンによるキサス法に基づき男性2名を公開処刑
● ターリバーンの最新の布告:カンダハール州では​​10歳以上の少女に教育の禁止 – 女性の権利における憂慮すべき後退
● トルコ当局、車に隠れたアフガニスタン難民39人を逮捕

<2月24日>
● ターリバーンの第2次攻撃:規制が続く中、女性用美容室に再び休業命令
● ナンガルハールで交通事故、3名死亡、2名負傷
=============================

20240203

●2024年2月3日 <amuTV: アフガニスタンの民間テレビ局>
アムネスティ・インターナショナル、アフガニスタンで拘束された教育活動家の即時釈放を要求
(WAJ:彼らは昨年10月7日に逮捕され、いまだに釈放されておらず安否が不安視されている。 )


アムネスティ・インターナショナルは、ターリバーンに拘束されている女子教育擁護者でアフガニスタン女子ロボット工学チームのメンバーであるアフマド・ファヒム・アジミ氏とセディクラ・アフガニ氏(上写真)の即時無条件釈放を求めている。

同団体は金曜日(2月3日)の声明で、彼らの拘留は恣意的だと​​主張し、速やかな釈放を要求した。
アジミとアフガニスタン人は10月7日、カーブルのカルテ・チャハルPD3にある事務所からターリバーン諜報機関によって逮捕された。彼らはターリバーン当局に反対する活動の容疑で拘留されている。
アムネスティ・インターナショナルの報告によると、GDI第40地区で72日間拘留された後、ターリバーンは彼らをプルエチャルヒ刑務所に移送した。同団体は、被拘禁者らは公正な裁判を拒否され、報復を受け、睡眠剥奪や独房監禁などの肉体的・精神的拷問を受けたと述べた。
人権団体によると、活動家たちは取り調べや医療支援の際に弁護士の同伴を許可されなかったという。
拘留中に、ラップトップ6台、パスポート、現金、教育コンテンツが入ったフラッシュドライブ、労働許可証、教師と学生の情報などの私物が押収された。
アムネスティ・インターナショナルも、アジミ氏とアフガニスタン人の拘束は国際人権法に違反していると指摘した。
原文(英語)を読む

20240213c

●2024年2月13日 <PassBlue:KHAAMA PRESS: フィデル・ラフマティ>
ターリバーンは承認される前に約束を果たす必要がある:ホワイトハウス
(WAJ: アメリカ政府はカービー報道官の発言のとおり、ターリバーンを承認すべきではない。)
ホワイトハウス国家安全保障会議のジョン・カービー報道官は、ターリバーン政府は約束を履行しておらず、履行するまで承認されないと述べた。
同報道官はまた、米国政府はターリバーンの「正常化」に向けて何の努力もしていないと付け加えた。
ホワイトハウス国家安全保障会議の報道官は記者会見で、ターリバーンに対する米国の政策に変更はないと述べた。
米国は第2回ドーハ会合(本年2月18日から)をターリバーンの正常化に向けた試みとみなしているかという質問に答え、「正常化」やターリバーンの承認に向けた努力は米国政府によって行われていないと述べた。
ターリバーンは過去2年半の統治で、教育、社会参加、女性の雇用に広範な制限を課してきた。
さらに、ターリバーン政府は、包括的な政府の樹立を求める地域や世界からの度重なる要請に積極的に応じていない。
さらに、いくつかの報告によると、ターリバーンはアルカイダなどのテロ組織との関係を維持しており、アフガニスタンが他国に対して利用されるのではないかとの懸念が高まっている。
これまでのところ、ターリバーン政府を公式に承認している国はないが、これは主にターリバーンが特に女性の権利に関する約束を履行していないことが原因である。
国際社会は依然としてターリバーンの意図と行動、特にテロと人権に関して懸念を抱いている。
ターリバーンが自らの義務への真のコミットメントを示し、国際社会と建設的に関与するまで、ターリバーンの正当性は引き続き疑問視され、その承認は保留されるだろう。
原文(英語)を読む

20240213b

●2024年2月13日 <PassBlue:KHAAMA PRESS: フィデル・ラフマティ>
国連、移民50万人のアフガニスタン帰還を警告
(WAJ:  いまだに数百万人のアフガン難民を抱えるパキスタンは難民証明書を所持しない170万人にのぼるアフガン難民を強制帰国させるとしている。これはパキスタン政府に武力抵抗するパキスタン・ターリバーンを優遇するアフガニスタン・ターリバーンに圧力をかけるためでもある。)

国連人道問題調整事務所(OCHA)は、今年さらに約50万人のアフガニスタン移民が帰国すると予想されていると警告した。
OCHAは2月12日月曜日、声明の中で、アフガニスタンは避難民数において南アジアで第1位、世界では第2位にあると述べた。
同庁の統計によると、2024年には約48万人の移民が帰国し、そのうち98%が人道支援を必要としている。
国連の人道支援調整機関は、現在630万人のアフガニスタン人が主要地域から避難しており、そのほとんどが10年前に家を離れていると発表した。
一方、パキスタンからのアフガニスタン移民の帰還プロセスが開始されて以来、過去3カ月で約50万人がアフガニスタンに帰還した。
OCHAの声明は、同組織がその予算を通じて、水、健康、保護、食糧安全保障と農業、教育、栄養、避難所などの重要な支援をアフガニスタンの弱い立場にあるコミュニティに提供すると宣言した。
これは、パキスタンからのアフガニスタン移民の本国送還プロセスが続いている中での出来事であり、救援機関は彼らの間でニーズが高まっていることを常に警告している。
以前、OCHAは、ここ数週間の障害のため、人道支援プログラムがしばらく遅れていると強調していた。
原文(英語)を読む

20240213a

●2024年2月13日 <PassBlue:国連の活動を人権、女性の観点からモニターするアメリカのメディア>
来週のアフガニスタンに関する国連主導の協議を成功させるには、女性とすべての野党が参加する必要がある
(WAJ: 2023年5月に続き2月18日から19日にかけてカタールの首都ドーハでアントニオ・グテーレス国連事務総長が主導して開かれる第2回会議を前に元アフガニスタン共和国国会副議長のファウジア・クーフィ氏は要旨、次のように述べている。アフガニスタンを実効支配するターリバーンもアフガニスタンの一部である以上、ターリバーンを敵視し無視してアフガニスタン問題の解決はなしえないが、女性をはじめとする人権侵害や過激派テロ組織を温存する姿勢を許すわけにはいかない。ファウジア・クーフィ氏については自伝「価値なき女児として生まれて」のダイジェストが20回連載として本サイトに掲載されている。ここをクリック。)

1980年代から90年代初頭にかけて、アフガニスタンの旧左翼政府と交戦中のムジャヒディーン諸派との間で国連が主催した和平調停は、すべての側が協議に参加していなかったために永続的な解決には至らなかった。

2001年に国連が主催したボン会議は、すべての当事者にとって包括的な政治的解決策を見つける絶好の機会となった。しかし、ターリバーンが排除されたために、それは20年後に失敗した。その間違いがアフガニスタンの紛争を長引かせ、我が国が飢餓の危機に瀕し、女性たちが追放され、国際法を尊重しない過激派が人々に銃を突きつけて支配するという現在の大惨事をもたらした。

2020年、さらに新たなチャンスが訪れた。米国とターリバーンのドーハ合意は永続的な政治的解決への道を開く可能性があったが、アフガニスタン旧政府と非ターリバーンの広範なコミュニティを排除していたため機能しなかった。米国とターリバーンの第1ラウンド協議では、紛争当事国そのものつまりアフガニスタン政府が参加しなかった。実際、ドーハ合意は米国主導で彼らの不在中に署名された。

平和への道には、アフガニスタンの勇敢な女性たちの平等な参加も含まれなければならない。それは、ターリバーン支配の環境で快適に暮らす二重国籍を持つ女性だけではなく、さまざまな立場の女性を意味する。

Read More

原文(英語)を読む

20240213

●2024年2月13日 <中東かわら版>
イスラエル・パレスチナ:再燃したガザ戦争#16――ラファフ攻撃と人質解放
(WAJ: イスラエル・ネタニヤフ政権はガザ攻撃後の明白な方針を提示することなく、徹底的な破壊とジェノサイド攻撃をつづけている。しかし攻撃一辺倒のその姿勢は、エジプトをはじめとする周辺諸国との摩擦をより激烈なものとするばかりでなく、国内的な対立と分断を生み出し、政権自体が行き詰る危険性を持っている。)

イスラエル軍は、ハーン・ユーニスをほぼ制圧し、南端のラファフに迫りつつある。しかし、ラファフ攻撃は、国境を接するエジプト、南端に追い詰められた避難民、さらには人質問題も絡み、ガザ戦争での山場の一つになりつつある。

地上戦では、2月1日、ガラント国防相がラファフ攻撃に言及し、その後、ラファフへの空爆が強化された。7日、ネタニヤフ首相は、イスラエル軍に対して、2つの計画(ラファフ攻撃と住民の避難のための人道回廊設置)の立案を指示したと発表した。米国、EU、アラブ諸国、国連は、住民と避難民であふれるラファフ周辺への攻撃への懸念を強め、攻撃停止を要請している。11日、バイデン大統領は、ネタニヤフ首相との電話会談で、避難民らの安全確保のための具体的計画作成を求めた。エジプトは、避難民の自国への流入を警戒して、ラファフ攻撃に反対している。・・・

つづきを読む

20240210

●2024年2月10日 <行動する知性 中央大学ホームページ>
中央大学がグローバル・ポエトリー・ナイトの活動を紹介
(WAJ: 『詩の檻はない』フランス語版発刊を記念して挙行された1月21日の、世界詩人による終夜朗読会グローバル・ポエトリー・ナイト(GPN)の記事が中央大学のホームページに掲載されました。GPNに参加された大田美和中大教授の活動紹介の形を取っています。ウェッブ・アフガンの最新のコメント記事にもリンクが張ってあります。受験シーズンになった大学らしく、記事の最後は、「何のために外国語を学ぶのか? 世界とどのようにつながるのか? 皆さんが考えを深め、行動を始めるヒントになれば幸いです」と締めくくられています。

<日本語版ページ>
英語文学文化専攻教授 大田美和がバームダードとフランスペンクラブ共催の詩の朗読の夕べに出演
https://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/letters/news/2024/02/69891/

<英語版ページ>
Professor Miwa OTA of Department of English Studies Appears in “La nuit de la lecture” Co-Hosted by “Baamdaad – The House of Poetry in Exile” and Pen Club Français
https://www.chuo-u.ac.jp/english/news/2024/02/69928/

20240209

●2024年2月09日 <AZADI BRIEFING/Abubakar Siddique>
ターリバーン閣僚、縁故採用で炎上
(WAJ:  読者の声「権力は腐る、どこまでも腐る にあるように、厳格なイスラム法シャリーアを奉じるターリバーンも例外ではないようだ。親族主義、部族氏族社会を抜け切れて居ず、むしろ部族主義をベースにそこへの回帰を図っているように見えるターリバーンであってはなおさらであろう。ターリバーン最高指導者を任ずるアフンザド師もさぞや頭の痛いことであろう。なお、この号のAZADI BRIEFINGの後半では、ターリバーンによる教育活動かふたりへの弾圧拘束に対する抗議運動が報告されている。

ターリバーンの鉱山・石油大臣シャハブディン・デラワール(右)は、息子が過激派組織の駐ウズベキスタン大使に任命された後、縁故採用だと告発されている。

デラワールの次男マグフォルーラ・シャハブは、2月4日にタシケントのアフガニスタン大使館を引き継いだ。
デラワールの長男、ロフラ・シャハブはすでにタリバン副首相の事務所で高級官僚を務めている。一方、彼の義理の息子でシャムスディン・アフマディはカーブル市の上級職に就いている。
デラワールがターリバーンメンバーから批判にさらされているのはまれな出来事であるが、息子の大使任命は政治的縁故主義の厚かましい誇示だとの声が上がっている。
この事件がなぜ重要なのか: デラワールに対する告発は、強じんな政府には縁故主義や汚職は存在しないというターリバーンの主張に打撃を与えるものだからあである。
昨年出された法令の中で、ターリバーンの最高責任者ハイバトゥラ・アフンザダは「省庁、部門、独立当局のすべての役人に対し、家族や親戚を政府の役職に任命することは誰にも許されない」と述べた。
アフンザダの命令に反抗しているのはデラワールだけではない。
ターリバーン内務大臣シラジュディン・ハッカーニの叔父ハリル・ウルラフマン・ハッカーニは難民問題大臣だ。ハッカーニ家の大家族メンバーも、南東ホースト州の諜報機関と行政で重要なポストを務めている。
ターリバーン創設者オマル師の息子、モハマド・ヤクブ師は強権をもつ国防大臣だ。ヤクブ師の叔父マナン・オマリ師は労働社会大臣である。
次はどうなるか:西側支援があったのに崩壊した旧アフガン政府の多くの役人が、その立場を利用して親族に便宜を図ったとして告発された。
政治的な縁故主義の疑惑もターリバーン当局者を悩ませているようだ。
ターリバーン指導者らは自らの立場を利用して私腹を肥やし、権力を強化する可能性が高いようだ。・・・
つづき(英語)を読む

20240214h

2月4日から2月14日まで
 ■Hasht-e-Subh(ハシュテ・スブ)にみるアフガンの11日間 

(WAJ)  アフガニスタンの独立系日刊オンラインニュースの11日間の見出しをピックアップ。Hashut e Subhの8am.afドメインはターリバーンによってブロックされています。英文ページへは https://8am.media/eng/ でアクセスできます。

<2月4日>
● バダフシャンで麻疹により子ども21人死亡:住民らは医療施設の不足を非難
● ターリバーン、クンドゥズ州の評論家宗教学者を解雇・拘束
● パルヴァーン州で元政府軍関係者が正体不明の襲撃者に射殺される
● 全国で謎の殺人急増:1週間以内に5つの州で12人の命が失われる

<2月5日>
● ターリバーンの言明に反し麻薬密売の現実は続く
● カーブルで父と息子を拘束:ターリバーン、捕虜釈放に身代金を要求
● クンドゥズ州で男が義理の弟の妻と子供たちの命を奪う悲劇的な事件が勃発

<2月6日>
● ヌーリスタン州で武力暴行で3人死亡
● バルフ州でターリバーンが若い女性を銃撃

<2月7日>
● 謎の殺人事件:パクティヤー州で失踪翌日に青年の遺体が発見

<2月8日>
● ファーリヤーブ州とサーレポル州で別々の事件で3人が死亡

<2月9日>
● ターリバーン、カーブル-ダイクンディルートで元政府軍将校を拘束

<2月10日>
● ヘラート県の事件で女性死亡、子供3人負傷
● バダフシャン州でターリバーン戦闘員が「タブレットK」中毒で死亡。他に 2 人が重大
● イラン国境地帯地雷爆発でアフガニスタン難民死亡
● ファーリヤーブ州で18歳少女の悲劇的な自殺

<2月11日>
● ファリヤーブ州で元政府兵士が正体不明の武装集団に射殺される

<2月12日>
● タハール州で若者が不可解な状況で死亡しているのが発見される
● ファーリヤーブ州で父親が娘を殴り、首を吊った疑い
● ヘラート州で1日かけて失踪した高齢男性の遺体が発見
● AFJC:パジウォーク通信記者のターリバーン個人拘置所への拘禁は違法とみなされる
● タハル州のガス漏れで家族6人の命が奪われる
● ホースト州のシャイク・ザイード大学近くで不審な集団墓地が発見

<2月13日>
● カーブルでターリバーンが検問所で車に発砲、5人死亡

<2月14日>
● ホースト州のターリバーン戦闘員2人がゼーガプ麻薬で死亡と伝えられる
● ターリバーン、服装規定違反容疑でクンドゥズ州の女性4人を拘束
● 致命的な暴行:身元不明の武装集団がニームルーズ州で別の命を奪う
● ターリバーン大臣の甥、ファリヤーブ州で死に至る残忍な拷問に関与
● 身元不明の武装集団襲撃:サマンガーン州で男性が射殺される
========================

20240203

●2024年2月3日 <BBC NEWS JAPAN>
アメリカ、イラクとシリア領内のイラン関連施設を攻撃 3米兵死亡への報復
(WAJ: ガザ地区への常軌を逸したイスラエルの攻撃を支持するアメリカへの反動がアメリカの軍事行動を誘発している。イエメンのフーシ派への英米の空爆(1月22日)につづく今回のアメリカの反撃。今年秋の大統領選挙を控えたバイデン米大統領は強気の姿勢を見せてトランプ元大統領と張り合っている。権威主義国家と闘うため「同盟へ帰ってきたアメリカ」を演出するバイデン大統領。露中イラン北朝鮮と武力をバックに対決しようとするが、それは危険な第3次世界大戦を誘発する。むしろ、もはやその序盤戦に入っているともいえる危険な段階に世界は直面している。

アメリカは2日、米兵3人が死亡した先月のヨルダンの米軍基地攻撃への報復として、シリアとイラン領内にあるイラン関連の85以上の標的への攻撃を実施した。
アメリカ中央軍(CENTCOM)は、イラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊」や関連する民兵組織を標的にした空爆を行ったと発表した。
ジョー・バイデン米大統領は声明で、「我々の対応はきょう始まった。今後も、我々が選ぶ時期と場所で継続する」と述べた。
この攻撃は、1月28日にシリアとの国境に近いヨルダン北東部の米軍基地「タワー22」がドローン(無人機)攻撃を受け、米兵3人が殺害され、41人が負傷したことへの報復。
ジョー・バイデン米大統領は、「イランの支援を受ける過激派武装グループ」の攻撃だとし、「報復する」と宣言。「アメリカが選ぶ時期と方法で、すべての責任者に責任を取らせる」としていた。
タワー22への攻撃は、「イラクのイスラム抵抗勢力」が実行を主張している。このグループは、イラン革命防衛隊(IRGC)から武器や資金、訓練を提供されている複数の武装勢力で構成されているとされる。
イランは一切の関与を否定している。・・・
原文(日本語)を読む

20240131

●2024年1月31日 <BBC NEWS JAPAN>
パキスタンのカーン元首相、汚職罪で禁錮14年 前日にも禁錮10年判決
(WAJ: パキスタンでは2月8日に総選挙が予定されている。今回の判決言い渡しは総選挙を前にカーン氏が率いる政党パキスタン正義運動(PTI)の追い落としを狙うものであり、判決を急がされた背景があるという。今回の総選挙で有力視されているのが、ナワズ・シャリフ元首相。これまで首相を3度務めたベテラン政治家だが汚職事件で有罪判決を受け英国に亡命。約4年ぶりに帰国しての立候補だ。背景には、対立していた軍との和解がある、と言われている。軍はそれまで支持していたイムラン・カーンから乗り換えた格好だ。選挙結果が注目される。

パキスタンのイムラン・カーン元首相と妻ブシュラ・ビビ氏が31日、汚職の罪で禁錮14年の有罪判決を受けた。カーン氏は前日、国家機密を漏えいさせた罪に問われた裁判で、禁錮10年の有罪判決を受けていた。
カーン氏は2022年に反対派によって首相の座を追われた。今回の裁判の前にも汚職の罪で禁錮3年の有罪判決を受けており、現在服役中。
カーン氏は、自身に対する訴追はすべて政治的動機に基づくものだとしている。
秘密保持に関する法律に基づく今回の有罪判決は、カーン氏が立候補を禁じられている総選挙を2月8日に控えたタイミングで出された。
・・・
カーン氏が率いる政党パキスタン正義運動(PTI)の広報担当は31日、この日の判決により、カーン氏は公職に就く資格を10年間失うことになると説明。「私たちの国の司法制度が解体されつつあるなか、また新たに悲しい日がその歴史に刻まれた」とした。
クリケットの国際的選手だったカーン氏は判決後、自身のX(旧ツイッター)のアカウントに声明を投稿。「平和を保ちながら、2月8日にあなたの一票であらゆる不正に仕返しをする」よう呼びかけた。
さらに、「私たちは棒で追い立てられるようなヒツジではないと示そう」と続けた。・・・
つづき(日本語)を読む

20240130b

●2024年1月30日 <ハシュテ・スブ/アフガニスタンの独立系ジャーナル>
習近平中国国家主席、ターリバーン大使の信任状を受諾
(WAJ:  中国外務省の汪文斌報道官は、1月31日水曜日に開催された記者会見で、外交信任状の受領は確立された外交規範に則るものでありとしながら、ターリバーンが国家的な承認を得るためにはテロに対抗するための実質的な措置を講じることが必要であると主張している。中国が他国に先駆けてターリバーンと友好的な関係を築こうとしている裏には、テロ対策とともにアフガニスタンの地下資源に対する権益確保の要素も大きい。)

ターリバーン外務省は本日、中国の習近平国家主席が駐北京ターリバーン大使の信任状を受諾したと発表した。
ターリバーン外務省のアブドゥルカハル・バルキ報道官は、1月30日火曜日、Xページに投稿されたメッセージを通じて、ビラル・カリミの北京駐在タリバン大使兼臨時代表としての資格が正式に認められたと伝えた。
式典中、カリミは中国の王毅外相と会談する機会を得た。
この展開は、カリミが以前に中国外務省のホン・レイ儀典局長に信任状を提出し、これも受理されたことに続くものである。
返礼として、ジャオ・チン駐カブール中国大使は以前、正式な式典でターリバーン首相モハマド・ハッサン・アクフンドに信任状を提出していた。
ターリバーンが中国政府と強固な関係を維持していることは注目に値する。
ターリバーンは2年以上にわたりこの国を統治しているにもかかわらず、これまで同組織を公式に承認した国はない。それにもかかわらず、いくつかの国はターリバーンと外交関係を維持している。
全文(英語)を読む

20240130a

●2024年1月30日 <ハシュテ・スブ・デイリー(アフガニスタンの独立系ジャーナル)>
パキスタン・バロチスターン州で武装勢力が政府施設への組織的攻撃を開始:50人以上が死亡と報告
(WAJ: 昨年からパキスタン・ターリバーンによるパキスタン政府側への武力攻撃が飛躍的に増加しているが、ここにきてイラン、パキスタン間でのミサイル応射があったばかりのバロチスターン州での武力衝突(テロ攻撃)が増加してきている。アフガニスタンを間においてイラン、パキスタンの治安情勢が不安定さを増している。)

一連の綿密に連携した襲撃で、武装勢力はバロチスターン州の刑務所を含む複数の政府機関を標的にし、報告によると50人以上の死傷者が出た。
攻撃はパキスタン当局によって明らかにされ、ドーン紙が引用した政府筋によって確認されたように、1月29日月曜の夜遅くに発生した。
バロチスターン州の情報大臣ジャーン・アチャクザイ氏はソーシャルメディアで、「マッハ・ボラン」地域での反政府勢力による半軍事攻撃を治安部隊が阻止することに成功したと発表した。同氏は「いかなる施設にも被害はなく、我が国の治安部隊も無傷で帰還した」と述べて国民を安心させた。テロリストらは撤退し、現在我が国の治安部隊が追跡している。」
死傷者はいないとの公式主張にもかかわらず、一部の独立系報道機関は、暴行の結果、少なくとも50人が死亡したと報じている。犠牲者の身元に関する情報は明らかにされていない。
報告によると、反乱軍は最初の爆発の後、軍事センターに侵入した。その結果、マッハ・ボラン地域とクエッタ市のすべての病院は厳戒態勢に置かれている。
情報筋はまた、反政府勢力が地域内の特定地域を支配していることも明らかにしている。
バローチ解放軍(BLA)はこの攻撃に対する犯行声明を出し、バローチ解放軍やパキスタン・テフリク・タリバンなどの武装勢力がパキスタン軍に対して関与する最近の敵対行為の激化が懸念されることを示している。
こうした展開は、予定された投票日まであと10日となったパキスタンでの次期全国選挙を背景に展開している。治安情勢の高まりにより、選挙プロセスへの潜在的な影響に関する懸念が生じている。
原文(英語)を読む

20240130

●2024年1月30日 <REUTERS/ロイタージャパン>
イスラエル強硬派閣僚、入植者にガザ帰還呼びかけ 米「無謀で扇動的」
(WAJ: 本サイトでは幾度となく、イスラエル=ネタニヤフ政権の狙いは、ガザ、西岸からパレスチナ人を追い出し入植者植民地(セトラーコロニアリズム)とすること、と主張してきた。ついに本心を露骨に現した。)

[エルサレム/ワシントン 29日 ロイター] – イスラエルのイタマル・ベングビール公共治安相は28日に開かれた集会で、ユダヤ人入植者らにパレスチナ自治区ガザへの帰還を呼びかけた。強硬派として知られるベングビール氏の発言は政府の公式見解と対立するもので、パレスチナ自治政府とイスラム組織ハマスは共に反発している。
ベングビール氏は、ユダヤ人入植者と軍隊がガザ地区に戻ることがハマスによる昨年10月7日の奇襲攻撃を繰り返さないための唯一の方法になるとし、「10月7日のあの出来事を繰り返したくなければ帰還し、この土地を支配する必要がある」と語った。
同集会は入植者の団体が企画し、数百人が参加。十数人の閣僚も参加した。
パレスチナ自治政府は、こうした呼びかけはパレスチナ人の強制移住につながり、地域の安全と安定を脅かすと非難。ハマスは、同集会で「パレスチナ人に対する強制移住と民族浄化の犯罪を実行に移す意図が明らかになった」とした。
イスラエルの戦時内閣に参加しているガンツ前国防相は29日、この集会に連立政権のメンバーが参加したことで、イスラエルの対外的な立場が傷つくと同時に、ガザ地区で拘束されている人質の解放に向けた取り組みが損なわれると懸念を示した。
写真付き記事全文(日本語)を読む

20240203h

1月24日から2月3日まで
 ■Hasht-e-Subh(ハシュテ・スブ)にみるアフガンの10日間 

(WAJ)  アフガニスタンの独立系日刊オンラインニュースの8日間の見出しをピックアップ。Hashut e Subhの8am.afドメインはターリバーンによってブロックされています。英文ページへは https://8am.media/eng/ でアクセスできます。

<1月24日>
●イランの下水井でアフガニスタンの若者2人がガス中毒で死亡、悲劇が起きる
● 元米軍通訳、クナール州でターリバーンによる残忍な拷問で死亡
● ターリバーン、タハール州で女性3人を含む11人にむち打ちと刑罰を与える

<1月25日>
● ヘラート州ターリバーン当局者の3人の息子の謎の死

<1月28日>
● ヘラート州で部族長老殺害、誘拐未遂で終結
● ヌーリスターン州で正体不明の武装襲撃者が元軍人3人の住居を焼却
● タハール州の公共変電所で火災:死者1名報告、タリカンも停電に見舞われる
● カーブル-ジャララバード高速道路で10件の交通事故で17人の命が奪われたとターリバーン報道官が報告
● イランでアフガニスタン難民車が横転、1人死亡、25人負傷という悲劇が起きる
● ウズベキスタン国民、マザーリシャリフでアルコール密輸容疑でターリバーンに拘束
● ガズニ県で悲劇的なガス中毒で若者2人の命が奪われる
● イラン、アフガニスタン国民2人を処刑

<1月30日>
● 習近平中国国家主席、ターリバーン大使の信任状を受諾

<1月31日>
● ヘラート州でターリバーン戦闘員が射殺される
● 中国のターリバーン承認は包括的な政府樹立に左右される

<2月1日>
● ヘルマンド州で正体不明の武装集団が家を狙い、3歳女児の命を奪うという悲劇的な損失

<2月2日>
● ヘラート州で少女の焼死体発見

<2月3日>
● タハール州で少女が婚約者の暴力行為の犠牲となり悲劇的な事件が勃発
● 残忍なマザーリシャリフ州襲撃、犠牲者4人のうち女性2人の命を奪う
● アフガニスタン映画監督アブドゥル・ラシッド・アジミ、イランで労働者として新たな役割を見つける
● 元国家治安部隊兵士がパンジシールでターリバーンに拘束されたと伝えられる

Read More

2023年6月から2020年2月29日のドーハ合意までのトピックスはここをクリック